お知らせ

news

カテゴリー: あさひ舟川「春の四重奏」

あさひ舟川「春の四重奏」2024 イベント情報

あさひふながわ はるのしじゅうそう
あさひ舟川「春の四重奏」2024 イベント情報
※桜の開花状況・天候により変更となる場合があります。

🌸かがり火の夜桜

|日 時| 2024年4月6日(土) 19:00〜21:00(予定)

舟川のほとりにかがり火が焚かれ、パチパチと薪のはぜる音、舞い上がる火の粉に照らされる幻想的な夜桜をお楽しみいただけます。

・17:00から桜並木周辺駐車場(P3)をご利用いただけます。

・夜は冷えますので、あたたかい格好でお越しください。

 

🌸夜桜ライトアップ

|日 時| 桜開花期間中 18:00〜21:00

・夜桜のお客様用に三舟橋たもとのP3駐車場を、桜開花中の金土曜17:00〜21:00までご利用いただけます。

・土日はシャトルバスが運行しますので、P4・5駐車場は、金曜17:00~日曜17:00までご利用いただけません。

・近隣住民のご迷惑になりますので、路上駐車はくれぐれもご遠慮ください。

 

🌸飲食・おみやげ販売

P4駐車場の白いテントに朝日町の飲食店等が中心となり出店します。

お花見弁当、ポストカードなどの春の四重奏グッズやお菓子などのおみやげ、チューリップの切り花など販売予定です。

 

🌸音楽イベント

|日 時|

4月6日(土)11:00 / 14:00 楽屋姫

4月7日(日)11:45 / 13:00 あさひ若駒太鼓

|場 所| 舟川新公民館 駐車場 ※チューリップ畑の近く

あさひ若駒太鼓

 

🌸低速電気バスEMU(エミュー)桜並木往復運行

|日 時| 桜開花中 9:00~16:00(平日限定)

|場 所| 三舟橋たもとの乗り場から桜並木を約15分往復運行(無料)

 

🌸#春の四重奏2024 Instagramフォトコンテスト

朝日町観光協会公式アカウント「@asahi-tabi」をフォローして「#春の四重奏2024」をつけて投稿!

春の四重奏会場で撮影された、笑顔が広がるような作品をお待ちしています。

#春の四重奏2024 Instagramフォトコンテスト

 

🌸朝日町観光協会 観光案内所

P4駐車場に観光案内所を開設し、イベント情報や朝日町周辺の観光情報を、春の四重奏ガイドがお伝えします。

大きなお荷物の一時保管(有料)も出来ますので、お気軽にお立ち寄りください。

|営業時間| イベント期間中 9:00~16:00

 

🌸朝日町グルメマップ

朝日町民に愛される名店で、ぜひおいしいものをお召し上がりください。

朝日町グルメマップ[PDF]

朝日町の飲食店情報

 

■会場位置図

あさひ舟川「春の四重奏」2024 会場位置図・作付図[PDF]

あさひ舟川「春の四重奏」2024 会場位置図・作付図・チューリップ図鑑

あさひふながわ はるのしじゅうそう
あさひ舟川「春の四重奏」2024

会場位置図・作付図

あさひ舟川「春の四重奏」2024 会場位置図・作付図[PDF]

お花見エリアは、300m×480mほどの広さです。
田んぼ道は砂利道ですので、歩きやすい靴でお越しください(車イスでもまわれます)。
春先は、風が冷たく寒い日も多いので、あたたかい格好でお越しください。

P4駐車場に「観光案内所」を設けますので、お気軽にお立ち寄りください。
大きなお荷物は、観光案内所でお預かりします(有料)。

 

開催期間 2024年4月1日(月)~4月14日(日)
※気象条件によって見頃は前後します。

桜開花予想

舟川べり桜並木は、両岸1,200mに渡り280本のソメイヨシノ、神代曙、大島桜が咲き誇ります。
桜の季節には、堤防は歩行者専用となり、仮橋も設置され、迫力ある桜トンネルを楽しめます。
舟川べりの桜は、富山の開花予想日から3~5日ほど遅れて開花します。
毎日の開花状況は、Instagram・Facebookでお届けします。

地元の舟川新地区のみなさんが、「自分たちの桜」という誇りを持って、下草刈り、剪定、防除、ゴミ拾いなど長年丁寧に管理してくださっています。
桜並木保護活動等のための協力金500円のご協力をお願いします。

 

チューリップ図鑑(春の四重奏見頃予想)

あさひ舟川「春の四重奏」2024 チューリップ図鑑(開花予想)[PDF]

公園・観光農園ではありません。1軒のチューリップ農家「チュリストやまざき」さんが球根を栽培している畑で、農家さんのご厚意でお花見を楽しませていただいています。
球根に病気が広がるのを防ぐため、畑の中には入らない(歩くのは砂利道だけ)、ゴミは持ち帰るなどのご協力をお願いします。

チューリップは、3月下旬に咲き始める極早生のピランドから、4月下旬に咲く晩生のブラックダブルまで、 22品種60万球(1.5ha)が順番に咲き進みます。
球根を大きく育てるために、満開になったら花を摘み取る作業が必要で、作業が集中しないように開花の時期が異なる品種を選んで植えています。
チューリップがお好きな方は、葉桜の頃の4月中旬だとたくさんの品種を楽しめますよ。

菜の花は、菜種油を採るために栽培されています。
畑の中に入ったり、花を摘んだりしないでください。
菜種油用の菜の花は、4月中旬から5月上旬まで長く楽しめ、ビタミンカラーに元気をもらえます。
菜の花が遅れる年もありますが、ヒバリが鳴く春爛漫の風景をお楽しみください。

 

春の四重奏から拝める北アルプスの山並み

あさひ舟川「春の四重奏」山並み看板[PDF]

春は空気が霞んで白っぽく見える日が多く、青空が広がり、白銀に輝く北アルプスの山々をすっきり拝めたらラッキーです!

黒部川を挟んで、右岸側が後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)の朝日岳・白馬岳。
左岸側が、立山連峰の北端の僧ヶ岳です。

朝日町のシンボルとして愛されている美しい「朝日岳(2,418m)」。
今年、町政70周年を迎える「朝日町」は、合併の際に「朝日岳」にちなんで名付けられました。
毎年、7月はじめの土日に「朝日岳山開き登山会」を開催しています。※5月下旬募集開始予定
朝日町の最高峰が白馬岳(2,932m)で、長野県白馬村にまたがる山です。

 

あさひ舟川「春の四重奏」ギャラリー

チューリップは病気に弱く連作が出来ないため、4年に1度のローテーションで畑を変えて栽培されており、毎年違うアングルで「春の四重奏」の一期一会の風景を楽しめます。
今年は、どんな春爛漫の風景に出会えるのか、楽しみに待ちましょう!

 

\\ 農家さんを応援する気持ちでお花見をお楽しみください //

農家さんがこれからも楽しく農業を続けて行けるように、お花見マナーのご協力をお願いします。

お花見マナー[PDF]

・公園、観光農園ではありません。
・チューリップの球根を栽培している畑です。靴についた土から病気が広がるのを防ぐため、砂利道から花を眺めて、畑の中には入らないでください。
・草刈りの省力化のため芝を植えています。新芽の出る時期で踏まれ過ぎると枯れるため、あぜ道を歩かないでください。
・農家さんが、病気のチェックや花摘み、薬剤散布などの作業を行います。薬剤散布の際は、風上にご移動いただき、農作業のさまたげにならないようにご協力をお願いします。
・菜種油を採るための菜の花畑です。畑に入ったり、花を折らないで下さい。
・三脚を設置しての長時間の場所取りはご遠慮下さい。
・トラブル、事故を防ぐため、ドローンによる空撮をご希望の方は、事前に「飛行計画書」の提出をお願いします。
無人飛行機(ドローン)に関する飛行計画書[WORD]

砂利道からお花見をお楽しみください。
コンクリートのあぜやロープから中には入らないでください。

あさひ舟川「春の四重奏」2024 ACCESS(English・繁體中文)

あさひ舟川「春の四重奏」広域アクセス図

Asahi Funagawa “Spring Quartet” ACCESS(English・繁體中文)

あさひ舟川「春の四重奏」アクセス案内[PDF]

 

Asahi Funagawa “Spring Quartet” ACCESS(English)[PDF]

 

朝日舟川「春日四重奏」2024 交通(繁體中文)[PDF]

 

あさひまちエクスプレス「春の四重奏」直行便

あさひまちエクスプレス(予約フォーム)Asahimachi Express(Reservations)朝日町快車(預約)

 

■あさひまちエクスプレス乗降場所

黒部宇奈月温泉駅 駅東口広場(バス・タクシー乗降場)【C】乗場

あさひ舟川「春の四重奏」 P5駐車場

あさひ舟川「春の四重奏」2024 会場位置図・作付図[PDF]

Asahi Funagawa “Spring Quartet” Event Map(English)[PDF]

あさひまちエクスプレスは、人数に応じてジャンボタクシーや通常のタクシー車両で運行します。

 

▼あさひ舟川「春の四重奏」特設サイト

朝日町 春の四重奏

#春の四重奏2024 Instagramフォトコンテスト

\\ #春の四重奏2024 Instagramフォトコンテスト//

【テーマ】

富山県朝日町の舟川べりで、チューリップ、菜の花、桜並木、残雪の北アルプスが奏でる、あさひ舟川「春の四重奏」。
チューリップ農家さんや舟川新地区のみなさんの農業農村の営みにより、守り育まれている春の風景です。
春爛漫の笑顔が広がるような写真をお待ちしています♪

【応募期間】 2024年3月20日(水・祝)~ 5月6日(月・祝)

【応募資格】 どなたでも応募できます。

【応募方法】

①(一社)朝日町観光協会のInstagram公式アカウント「@asahi_tabi」をフォロー

②富山県朝日町のあさひ舟川「春の四重奏」会場で応募期間中に撮影し「#春の四重奏2024」をつけて投稿

【表彰】

最優秀賞 1点(3万円)

優秀賞  2点(1万円)

入選   10点(2千円)

【審査】

主催者が委託する審査員により審査を行います。選出された方にはInstagramでダイレクトメッセージを送信します。指定する期日までにご返答いただけなかった場合は選外となります。

【結果発表】

入賞・入選作品を、6月中旬に公式Instagram及びHP等で発表します。

【応募規定】

・作品は、応募期間中に富山県朝日町のあさひ舟川「春の四重奏」会場で撮影された自作のものに限ります。

・投稿は、おひとり何回でもOKです。

・作品に人物が含まれている場合は、必ず本人の承諾を得てください。

・ドローンで撮影された写真は、選考の対象外とします。

・著作権は応募者に帰属しますが、入賞・入選作品をPR活動のためHP、印刷物等において利用することを許諾するものとします。

・入賞・入選作品は、元写真データをお送りください。

【写真展】

ヒスイ海岸観光交流拠点施設ヒスイテラスで、7~8月に写真展を開催予定です。

【主催】

(一社)朝日町観光協会

〒939-0744 富山県下新川郡朝日町平柳688

TEL 0765-83-2780

 

▼(一社)朝日町観光協会 Instagram公式アカウント「@asahi_tabi」はこちら!
https://www.instagram.com/asahi_tabi/

▼イベント情報、アクセス方法等、詳しくは、「春の四重奏」特設ページをご覧ください。
https://www.asahi-tabi.com/sijuusou/

▼#春の四重奏2023 Instagramフォトコンテスト結果発表
https://www.asahi-tabi.com/2023/06/09/4290/

 

🌷撮影の際のお願い🌷

・公園、観光農園ではありません。
・チューリップの球根を栽培している畑です。靴の裏に付いた土から病気が広がるのを防ぐため、畑の中やあぜ道には入らないでください。
・草刈りの省力化のため芝を植えています。新芽の出る時期で踏まれ過ぎると枯れるため、あぜ道を歩かないでください。
・農家さんが、病気のチェックに回られたり、花摘みや薬剤散布などの作業を行います。農作業のさまたげにならないようにご協力お願いします。
・薬剤散布の際は、風上へご移動をお願いします。
・菜種油を採るための菜の花畑です。畑に入ったり、花を折らないで下さい。
・三脚を設置しての長時間の場所取りはご遠慮下さい。
・ゴミはお持ち帰りください。

農家さんを応援する気持ちで、カメラ片手にお花見をお楽しみください。

あさひ舟川「春の四重奏」2024 会場位置図・作付図[PDF]

 

9月~10月上旬 花々あふれる秋の舟川べり「ひまわり&彼岸花&田んぼアート」

\\ 9月~10月上旬 花々あふれる秋の舟川べり //

ひまわり&彼岸花&田んぼアート

 

「春の四重奏」で人気の舟川べりは、秋もスゴイ!!!
ひまわり、彼岸花、田んぼアートと、とってもカラフルでにぎやかな風景を楽しめます。
秋晴れのもとカメラ片手にのんびり散策されてみてくださいね。

 

春の四重奏の仕掛人、チュリストやまざきの「花咲か爺ちゃん」こと山崎久夫さんが、秋も楽しめる花の名所づくりに取組んでおられます。

①ひまわり畑
今年、初挑戦のひまわり畑!季節外れの9月上旬~下旬に開花し、田んぼ6枚分1.5haに広がるビタミンカラーに元気をもらえます。
チューリップ球根を栽培した後にひまわりを育てて、開花後にそのままトラクターで鋤き込んで畑の肥料になります。
これまでは、イネ科のソルゴーを栽培されていましたが、ひまわりが緑肥になると知り、「みなさんを楽しませたい」と今年から栽培をはじめられました。

 

②彼岸花の真っ赤な絨毯
舟川新町内会や町民有志約60名が、桜並木の堤防のり面に彼岸花の球根約3万球を2016年から3年計画で植付けました。
草刈り等の維持管理も、山崎さんが率先されて町民協力のもと行っています。
年々球根が大きく育ち、9月中旬~10月上旬にかけて、舟川べり約600mに彼岸花の真っ赤な絨毯が広がります。
今年は、猛暑の影響で生育が抑制され、例年より開花が遅れています。

 

③田んぼアート
2005年から挑戦されている田んぼアート。
5/28(日)にJAみな穂青壮年部主催で親子120名参加で田植えイベントが行われ、50aの田んぼに7種類の古代米等でお絵描き。
「富山の春」がテーマで、チューリップ(新品種:春うさぎ)、菜の花、ホタルイカ、剱岳が描かれています。
7種類の古代米等の濃紫、ピンク、白の稲穂が実り、葉っぱも個性的で立体的なアートが現れ見頃を迎えています。
風になびいて稲穂がゆれて、絵が動いているようにも見えます。
収穫したお米は「まるごとアート米」として「らくち~の」や「まめなけ市場」で販売されおいしくいただけますよ。

 

▼会場散策図

・舟川べり桜並木駐車場に車を止めて、のんびり散策しながらお花見をお楽しみください。
・トイレは、らくち~の公園内のをご利用いただけます。
・農家さんの大切な農場ですので、ゴミは、お持ち帰りください。
・花を折ったり倒したりしないでください。

 

▼アクセス

■北陸自動車道 朝日ICから車で約5分(舟川べり桜並木駐車場)
■あいの風とやま鉄道 泊駅から徒歩約40分、タクシーで6分

▼開花情報

Instagram、Facebookページで、最新の開花情報をお届けしています。
https://www.instagram.com/asahi_tabi/
https://www.facebook.com/AsahiSakuraConcerto


9月上旬~下旬 ひまわり

田んぼ6枚分1.5haに広がるビタミンカラー


9月中旬~10月上旬 彼岸花の真っ赤な絨毯


5月下旬~9月下旬 田んぼアート

ひまわりと彼岸花のコラボは9月中旬から