お知らせ

news

カテゴリー: その他

『大人の遊び、33の富山旅。』~人と人をつなぐ食文化~ 伝統的な町家でバタバタ茶を嗜む

『大人の遊び、33の富山旅。』
~人と人をつなぐ食文化~
伝統的な町家でバタバタ茶を嗜む

朝日町で古くから飲み継がれている「バタバタ茶」は、蒸した茶葉を発酵させた全国的にも珍しいお茶。五郎八と呼ばれる丸みを帯びた茶碗に煮出した茶を入れ、2本つなぎの夫婦茶筅でシャカシャカ。その動きがバタバタと慌ただしく見えることからその名が付いた。
そんなバタバタ茶を五感で楽しめるのが今回のプログラム。朝日町歴史公園内にある「旧川上家」に到着したら、まずは朝日町出身の野村彰氏が手がける赤川焼の五郎八茶碗から好きなものをセレクト。その器に地元の人たちがお手製のバタバタ茶を点ててくれる。古くは先祖の命日や冠婚葬祭といった大勢の人が集まる場所で振る舞われてきた。お茶をゆっくりと味わいながら、彼女たちの話に耳を傾けるのもこれまた一興。囲炉裏や土間のある昔ながらの佇まいも実に情緒に溢れている。
その旧川上家から徒歩一分の場所にある「なないろKAN」では、御膳料理の食後に期間限定でバタバタ茶をサービスしてくれる。館内には五郎八茶碗にも使われる赤川焼の陶房も併設され、陶芸体験などを随時開催。3月半ばから旧川上家で開催される作品展の期間中は、その体験教室の割引券も配布する。気に入った五郎八茶碗をお土産にして、自宅でお点前をすることで、よりバタバタ茶の魅力を知ることができるはずだ。

 

詳しくは、『大人の遊び、33の富山旅。』サイトへ
http://33toyamatabi.jp/tabi/tabilist021/

 

大人の遊び、33の富山旅

 

2/17(金)~27(月) 富山駅前CICにて「朝日町観光展」開催中

朝日町観光展 開催中

平成29年2月17日(金)から27日(月)まで、富山駅前CICビル5階の市町村特産品展示コーナーで、朝日町観光展を開催しています。
パネル、パンフレット、インスタグラム写真やDVDで、朝日町の魅力をPRしています。

また、26日(日)、27日(月)は、同階のます寿しミュージアムで「ヒスイ海岸名物タラ汁」の特別販売(100円)を行います!
各日11時から、数量限定。
なくなり次第終了ですのでお早めに。

先着順で、あさひ舟川「春の四重奏」の桜並木のソメイヨシノの小枝のプレゼントも行いますよ。

ぜひ、お誘いあわせの上お越しくださいませ。
お待ちしております。

明文堂書店コラボ企画☆あさひ舟川「春の四重奏」オリジナルブックカバー

あさひ舟川「春の四重奏」ブックカバー

全国、海外からも、年々注目が集まっている あさひ舟川「春の四重奏」。
チューリップ、菜の花、桜並木、残雪の朝日・白馬岳の四重奏を楽しみに、昨年は、3.7万人ものお花見客がおいで下さいました。

この度、朝日町生まれの明文堂書店様と朝日町観光協会のコラボ企画として、あさひ舟川「春の四重奏」をデザインしたオリジナルのブックカバーを作成しました。
富山、石川、埼玉県の17店舗で、文庫本をお買い求め頂いた方にお付けします。
各店舗、限定数量がなくなり次第終了となります。

今回の企画は、朝日町観光協会が明文堂書店様へご提案し、ふるさと朝日町への地域貢献事業としてコラボ企画が叶いました。
一緒にふるさと朝日町を盛り上げて行こうとの思い、本当にありがたいです。

明文堂は、戦争が終わった昭和20年、書店がなかった地元朝日町に新しい文化を根付かせようと創業されました。現在は、富山県10店舗、石川県6店舗、埼玉県5店舗、計21店舗へと事業を拡大されています。

<あさひ舟川「春の四重奏」ブックカバー 使用店舗一覧>

◇富山エリア 10店舗

富山新庄経堂店
富山有沢橋店
富山掛尾店
滑川店
魚津店
黒部店
新入善店
朝日店
氷見店
高岡射水店

◇石川エリア 4店舗

金沢野々市店
能登七尾店
石川松任店
小松ツリーズ

◇首都圏エリア 3店舗

川口末広店
TSUTAYAレイクタウン
TSUTAYA戸田

2/25(土),26(日)「お寺で冬ごもり」お茶と本とおいしいものと。インドアな冬のおたのしみ。

お寺で冬ごもり

お寺で冬ごもり

2/25(土),26(日)の2日間、朝日町泊の常光寺で「お寺で冬ごもり」イベントを開催します。

お茶と本とおいしいものと。インドアな冬のおたのしみが盛り沢山!

 

地球をかぶった強烈なインパクトのアーティスト、トムスマさんのちょっと変わったたのしいお茶会。

『てのり湯。時々バタバタ茶。』 ~和尚と鳳笙、ちゃーまちゃせんと時己宙心~

 

「てのり湯。」は、茶の湯と湯治、ふたつの『湯』を味わいながらユーモアのお戯れを格別に抽出する21世紀茶会的パフォーマンスです。

全長約3センチメートルの「てのりごちさん。」と一緒に『今』に浸り、静かで劇的な禅定を愉しみます。

亭主が『地球』であることは「てのり湯。」の大きな特徴です。

朝日町の極めて特別な風習にオマージュを捧げ、亭主「地球」が、前代未聞の時己宙心世界を用意して、皆さまをお迎えいたします。

てのり湯。は、小川温泉開湯400年に御祝い申し上げます。

 

▼アーティスト トムスマさんのHPはこちら!

https://www.tomsuma.com/てのり湯-tenoriyu/

 

*参加をご希望の方は、事前予約をお願いします。

2月25日(土)① 15:00

26日(日)② 13:00 ③ 15:00

一席 20名

会費 2,000円

会場 常光寺

 

BOOKイベント 『晴耕雨読2017』

地域おこし協力隊 服部(嫁)プロデュース!

入場無料で、10:00~16:00開催です。

 

◇ぷちまるしぇ(農業×本×カフェ)10:00~15:00

若手農家の農産物、地元食材を使ったお菓子や軽食をご用意します。

野菜や農業に関する本や絵本をのんびり楽しもう♪

*あさひ担い手ネット

*ナチュラルスイーツぽんぽん 他

 

◇リレー小説

タイトル「雪の日、朝日町は。」

巻物に書かれた、物語の冒頭と終わりの文。

一文ずつ、みんなで書き込みながら、朝日町の物語を紡ごう。

 

◇コラージュ川柳(柴田 英昭氏考案)

新聞を切り抜き、川柳を作ろう!

哀愁を帯びていたり、クスッと笑えたり、全く意味不明だったり…。

作品がたくさん集まると、笑いが倍倍になります 笑

 

◇朝日の民話の紙芝居&絵本読み聞かせ

朝日の若いお母さん達が、おじいちゃん、おばあちゃんから民話を聞き取り、絵を描いて手づくりした朝日の民話の紙芝居。

富山弁そのままなのも特徴です。

また、朝日町図書館から、出張絵本読み聞かせも開催されます。

*民話の紙芝居  両日とも11:00~

*絵み聞かせ  〃  14:00~

 

閉じこもりがちな冬の日も、お寺に集まってみんなで楽しい時間を過ごしましょう。

一生心に残るあたたかな交流体験「こども民泊受入家庭」募集中!

民泊受入家庭募集チラシ

民泊受入家庭募集チラシ

\一生心に残るあたたかな交流体験「こども民泊受入家庭」募集中/

平成28年度は、52軒の受入家庭+体験サポーターのみまさまにご協力いただきまして、ありがとうございました。

朝日町が一体となったあたたかな受け入れに、生徒や学校、保護者、そして旅行会社からも、感激の言葉をたくさんいただいています。

おかげさまで、平成29年度も継続して、3校約350名の子どもたちが朝日町においで下さる予定です。

 

体験型修学旅行「民泊」では、子どもたちが3~5名の少人数で各家庭に入り、家族の一員として一家団らんのあたたかなふれあい交流を目的とし過ごします。

民泊に取り組む仲間と相談しながら、ひとつずつ不安なことを解消し、受入の準備を進めていきたいと思います。

はじめての受け入れを考えてくださっているみなさま、先ずは、お気軽に民泊講習会にご参加ください。

泊めることは難しいけれど、田舎の暮らし体験の受け入れなら協力できるとというサポーターも募集中です。

あたたかな交流が長く続いていくように、みんなで楽しみながら民泊の仲間を増やしていきましょう♪

————

2月13日(月)19:00~20:30

なないろKANにて「民泊講習会」を開催します。

「食事体験プログラム」を、受入家庭のみなさんでアイデアを出し合いながら、各家庭でプログラムを組みましょう。